読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

D言語とDXライブラリ

いりす症候群はD言語+DXライブラリで作ったんですが、C++と比較してもこの組み合わせは非常に良いと思います。

・もともとDXライブラリ関数とのやりとりはほぼintのみなので、D言語になっても困ることはほぼない
C++D言語になったことにより、柔軟な記述や超速ビルドなど数々の恩恵が得られる
C#Javaとは違いnativeコードを吐くのでそれなりに早いし配布もしやすい

次は何を習得すべきか迷っています。DirectXを勉強したほうがいいのかなあ。でもC++に戻る気はしないしかといってD言語DirectXは情報少なすぎて地獄を見そうな予感がする。ブラウザゲーに挑戦ということでSilverlightなんかも良いかも。