読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iPhone版愛と勇気とかしわもち、AppStoreランキング、ダウンロード数の話、あと儲かるのかとか

iPhone版愛と勇気とかしわもち、昨日の朝に確認してみたら、パズルゲームカテゴリで11位にいました。

さて、カテゴリ順位 このくらいだと、DL数/日ってどの程度なんでしょうね。

まえおき

「個人でのiPhoneゲー開発」に関する日記の2回目です。iPhoneゲー開情報について、いろいろ吐き出しておこうと思っています。


前回はiPhoneゲー開発楽しいよ!面倒ごともわりと少ないよ!という内容を書きました。


個人でかんたんiPhoneゲーム制作、愛と勇気とかしわもち、cocos2dについてのまとめ - カタテマ日記


今回は、iPhoneアプリの売り上げまわりの話やマーケティングについて、ぼくがやってみた範囲で共有したいと思います。


ぼくは素人なので専門的な話はできませんが、iPhoneゲー制作はPCで趣味ゲー作っている人にオススメしたいと思っているので、PCで趣味ゲー作っている人であるぼくの目からみた光景を共有するのは、まあ意味のあることなのかなと。
あと知り合いに、勢いでiPhoneアプリに生活をかける世界に飛び込んだのが1人ぐらいいるので 、その人に向けて書いてます。

順位の遷移

で、iPhone版愛と勇気とかしわもちは昨日の朝確認してみたら、パズルゲームカテゴリで11位にいて、広告費もない個人&現在レビューサイトではどこでも扱っていただいていないことも加味すると、そこそこ健闘できている気ががします。

ダウンロードしていただいた方々、本当にありがとうございます。

でも、今確認するとだいぶ順位が落ちていると思います(20位くらい?)最高順位はたぶん8位近辺で、そこから50位くらいの間を乱高下しています。

カテゴリ順位のランキング乱高下が激しいのには、理由があります(後述)

ランキングとDL数

iPhoneアプリは過当競争でもうからないとはよく聞くけど、そこそこ人気カテゴリっぽいパズルゲームでこの順位なら、けっこう儲けてるんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、べつにそんなことはありません。

本数を聞いたら「えっ、この売り上げでカテゴリのベスト10に入るの??」とびっくりされるかもしれません。

実際「1日のDL数、どのくらいだと思う?」と幾人かに聞いてみたのですが、だいたい一桁多いくらいの数がかえってきます。

どうしても景気のいい話が目立ちますからね〜。

順位の乱高下

8〜50位くらいの間を乱高下しているという話をしましたが、なぜ乱高下するのかというと、10位-50位あたりがダンゴ状態だからです。どのくらいダンゴかというと、10位〜50位の差が10本ちょい/日 程度しかないっぽいです。なので、ちょっとした影響でダウンロード数が増減すると、カテゴリ順位がすごい勢いで上下します。

レビューサイト

とにかく、レビューサイトの影響力は大きいようです。アプリ順位をウォッチしている方はわかると思いますが、人気のレビューサイトさんで紹介されたアプリはみるみる順位をあげていきます。

商売でやる方は、レビューされるかされないかは死活問題になるんじゃないかと思います。

理想的な流れ

常識かもしれませんが「あらゆる手を尽くしてランキング上位に食い込む」というのが、重要になのではないでしょうか。

  • 発売日前から入念に宣伝して期待感を煽る
  • いざ発売日となったときに一気にダウンロードしてもらい、ランキング上位にねじこむ
  • レビューサイトさんの目に留まり、 レビューしてもらい
  • さらにダウンロードが増えランキングが定着する


…というのが良い流れなのかと思います。発売日のタイミングを逸すると一気に沈み、永遠に浮かび上がれないかもしれません。

ぶっちゃけた話、数自体が少ないので、社員とか 知り合いにこえかけて一気にダウンロードしてもらうだけで、順位がかなりあがる気がします。

自分の場合

と、いろいろ偉そうに書きましたが、iPhone版「愛と勇気とかしわもち」の場合はどうだったかというと、かなり適当でした。レビューに通ったの見てから、サイトを整備して、そのあとtwitterで告知した...という感じです。

今のところ、どこにもレビューしていただいていないようなので、本作はおそらくはカタテマとtwitter経由(&派生)で知ってDLした方がほとんどかと思います。つまりほとんどは既存のプレイヤーさんなのではないかと思います。これは本当にありがたい話です。

まあ、趣味な方はあんま気張っても疲れるだけなので、宣伝とか面倒なことは適度にやるのが良いのかなと思います。趣味開発な人の勝利条件は「楽しい」なので。

まとめ

いっちょ儲けたろというそこあなたは「俺のは出来がいいので何も考えずとも最終的には売れる!!!」とか一瞬でも思わないでください。そこのあなたです。沈んでいる間に、山ほどでてくる後発作品に埋もれます。あなたのつくったものが、ポケモンとかモンハンとか洞窟物語だったら話は別かもしれませんが。

一方、儲けとか気にせず、個人の 趣味の範囲でフリーまたは85円アプリを出して、知り合いに見せたりレビューを半笑いで眺めたりするのには、本当にいい環境です。

趣味ゲー開発の方でiPhoneユーザな方には、ぜひぜひオススメしたいです。