読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドラクエ計算式

ダメージ = 攻撃力/2 - 防御力 / 4

がベースになるドラクエダメージ計算式はあまり洗練されたものではなく、使っているとじわじわ辛い思いをします。個人的に特に痛いと思うのは下の2点。

  • ちょっと防御が大きいとダメージ0になる
    • 敵、味方ともに。この特徴は調整の自由度を圧倒的に狭める。
  • 数値が大きくなるにつれて数値の意味が薄くなる
    • 成長を実感しづらくなる。実感できるように数値を伸ばすとものすごいインフレする

これでゲームをうまく成り立たせるには、弱点を覆い隠すような丁寧な数値調整を人間側で頑張らなければならないのです。調整で楽したい方は、ある程度適当に数値置いてもインフレやダメージ0みたいな状況を防止してくれるような、賢い計算式を考えた方が良いでしょう。

ドラクエ3の絶妙なバランスは、あの頃だから許された素朴なシステムとゆるい成長曲線に支えられていると思います。

といろいろ文句をたれつつ、『魔王物語物語』ではこの計算式を採用しているのでした。ドラクエ3が好きです。